臭いのはワキガ?脇のにおいの種類とその調べ方

脇の臭いが全てワキガとは限りません。
汗をかく部位で、肌と洋服が密着をしていて、いわば密室状態の上、自身が持つ細菌も繁殖し易い場所です。

ですから、匂いはどうしても悪臭になってしまいがちです。

ただし、ワキガの場合は、アポクリン汗腺からの汗と雑菌のせいで起こるもので、刺激臭が特徴です。
また、ワキがそうした匂いで悩まされる方の耳垢はアメ耳と言ってベタベタしていたり、父母や兄弟にもワキガの方がいる場合が多いです。

服の脇の部分に汗染みが濃い黄色になってしまったり、という場合はワキガでしょう。
ただ、汗かきさんに多い悪臭で、実はワキガではない場合もあります。

匂いにはいくつか種類があり、ワキガはこんな匂いという種類別のものはなく、その方の汗を含む体液と細菌の混ざり合いによって、様々な匂いを発します。

匂いに敏感になるのは、思春期に入る頃ですが、彼氏が出できたり、他人や隣の席の人が怪訝な顔をしたりと、自分の匂いを気をつけたりします。

制汗剤や制汗スプレーなどを駆使しても、ワキガ臭はゼロにすることは困難です。
民間療法的なみょうばん水で脇を服、デオナチュレの用な協力なクリームなどで、自身の匂いと戦うことも必要です。

くさい臭いが全てワキガであるということはいえないのですが、脇の匂いの種類というと、どうしてもワキガの心配はあるでしょう。

アメ耳体質、洗濯をした衣類も臭う方などは、一応自身でワキガの自覚を持ち、デオドラントに気をつけましょう。
ワキガは自覚症状が無いというのは本当?今すぐ出来る、わきがチェック

何もしないでいると、コンビニなどですれ違うだけでも臭う場合もあったりと、重症になると心配な事もあります。

ミョウバン水で治るとか、実は多汗症でその治療をしたらワキガも治ったなどの口コミもあります。
制汗スプレーではなく、ワキガを匂いを一日シャットアウトできるクリームなどもあります。

自身の匂いがワキガではないにしても、ワキ臭が気になるという方は、これらのクリームなどを使用することをお勧めします。

病院で相談するのもよく、この場合正式な診断名がわかり、ワキガではないと証明されることになります。